サブリースの収益還元

サブリース、いわゆる不動産の転貸ビジネスですが、最近はテレビのコマーシャルなどでも耳にするようになりました。
個人の不動産オーナーに対して、一括借り上げで安心を保証します、といったような内容のコマーシャルです。
大手から小さな不動産業者まで、たくさんのところが扱っていますし、あまり独特なビジネスであるというイメージもなくなってきました。
けれど、一言でサブリースと言っても、実際にはたくさんのバリエーションがあるということは、あまり知られていません。
まずは、一括借り上げの賃料が一定額のサブリースです。
この場合には、不動産オーナーは、一括か利上げをしてもらう業者、いわゆるサブリーサーに対して、月額なり年額として、固定の賃料だけを受け取ります。
その賃料がサブリーサーから払われる以外には、不動産の運営については全く関与しません。
サブリーサーは、その不動産をどれだけ高く貸そうとも、不動産オーナーに対してキャッシュバックする必要はなく、その純益はすべてサブリーサーのものとなります。
サブリースビジネスとしては、これが当たりまえという感じもしますが、実際にはこれだけではありません。
例えば、サブリーサーが得た収益の増減が、不動産オーナーの収入に反映されるような形態の不動産サブリースもあります。
たとえば、サブリーサーが得た賃料収益の何パーセントが、サブリーサーから不動産オーナーに対する賃料、と決められたような不動産サブリース契約の場合です。
この場合、サブリーサーが頑張って転貸すれば、サブリーサーの収益もあがりますが、その分、不動産オーナーの収益もあがります。頑張っていない、というか、実際に何もしていない不動産オーナーが収益のアップの恩恵を受けるのはおかしいと感じるかもしれませんが、このケースは特にその不動産自体が人気のもの、たとえば都心のオフィスビルだったりする場合にあるケースです。
そのビルを転貸させてもらえるということ自体が、何も実際には保有していないサブリーサーにとって、ありがたいメリットとなる、という考え方です。
ただし、この場合には、サブリーサーの手腕がよくなく、収益があがらなかった場合には、不動産オーナーも同じだけの痛手を負うことになってしまいます。
なので、不動産オーナーとしては、自分のビジネスパートナーとして、的確なサブリーサーを見つけること、そしてきちんとした契約を締結することが、必要になってきます。