サブリースで受けられるサービス

不動産オーナーに対するサービスとして、サブリースというものがあります。
サブリースをすることによって、不動産オーナーから、一括してその不動産を借り上げて、その代わりに一括の賃料を払うというものです。サブリースをした企業は、それを自分で転貸してテナントに貸します。
こういったサブリースによって、不動産オーナーが得られるものとして、安定的な収益があります。
テナントが決まろうと、空き室が続こうと、不動産オーナーは、サブリース企業から賃料を得ることができるのです。
空室を抱えて悩んでいる不動産オーナーが多い中、こういった安定的な賃料収入を確保できるというのは、サブリースの大きな魅力と言えると思います。
けれど、サブリースの魅力は、このような賃料の確保だけではありません。
実際に不動産を運営するにあたっては、たくさんの手間がかかってきます。
こういった手間をおまかせできるという意味でも、サブリースというのは、不動産オーナーにとってメリットのあるサービスだといえます。
たとえば、不動産につきものの清掃です。
小さなビルであれば、不動産のオーナー自らが、掃除をしているというビルもあります。
けれど、不動産オーナーが別の仕事を持っていたり、投資目的で購入した遠くのビルであったりしたら、それはできません。
通常は、清掃会社をやとって、掃除をしてもらうことになります。
ただ、この清掃というのも、会社によって内容が千差万別なのです。
価格も色々と異なっていますが、安かろう悪かろうのサービスである場合もなくはありません。
清掃のよしあしで、そのビルに入居しているテナントの満足度も変わってきます。
また、新しくテナントをいれようにも、ビルがきれいであるか、清掃が甘いかによって、その入居の決断も変わってきます。
こういった清掃会社を選ぶ、清掃内容をチェックする、というところも、不動産オーナーとしてはやっていかなければいけないことの一つです。
それ以外にも、たとえばテナントの契約が更新の時期にきたら、その対応というのも、やっていかなければなりません。
賃料を下げてほしいという要望がくることもあります。
それに対して、賃料交渉を行ったりすることも必要です。
こういった、さまざまな手間についても、一括して請け負ってもらえるというのが、サブリースのまた別の魅力であると言えます。
賃料保証というのが、サブリースのメリットとして一般的に知られていますが、それ以外にも着目すべきメリットというのがあります。